ICU(集中治療室)
ICU01
静止画 35.1KB 
【ICU室内1】

ICU内の各ベッドが見える位置に医療スタッフはいます。
ICU02
静止画 38.6KB
【ICU室内2】

壁がなく,各ベッドはカーテンで仕切られています。
ICU03
静止画 20.2KB
【ベッドサイドモニター1】

循環動態が不安定な患者に対し使用されます。
このモニターは,呼吸数,心拍数,心電図をモニタリングしています。
ICU04
静止画 25.3KB
【ベッドサイドモニター2】
ICU05
動画 459KB
【セントラルモニター】

一画面で8名のデータが一覧できます。
ICU06
静止画 44.8KB
【パルスオキシメーター1】

経皮的に末梢血管内に含まれる酸素飽和度を測定します。
ICU07
静止画 17.1KB
【パルスオキシメーター2】

携帯式のものです。
ICU08
静止画 36.6KB
【人工呼吸器(レスピレーター)】

なんらかの障害により,自力での呼吸ができない人,
自力での呼吸が不十分で,ガス交換ができない人に対し,
機械的に呼吸を促す器械です。
ICU09
静止画 30.5KB
【吸引セット】

気管内・口腔内分泌物を体外へ取り出すときに使います。
ICU10
静止画 33.4KB
【中央配管】

酸素吸入,吸引ができるようになっています。
ICU11
静止画 21.1KB
【モニター】

ボタンによって,アラームが鳴る設定や,表示画面の設定を行います。
ICU12
静止画 22.3KB
【電極コード】

観的動脈圧測定のコード。
ICU13
静止画 23.7KB
【心電図コード】

モニターを使う時に電極というシールのようなものを貼ります。
その電極と送信器をつなぐのがこのコードです。
ICU14
静止画 34.5KB
【観血的血圧測定法(動脈ライン)の必要物品セット】

動脈に直接カテーテルを挿入,留置し,動脈圧測定,動脈血採血を行うためのものです。
ICU15
静止画 19.5KB
【ヘパリンNa・注射針】

観血的血圧測定法(動脈ライン)の必要物品セットの一部です。
カテーテルを動脈内に入れるため,血液が凝固しないために,
生理食塩水バッグの中に入れ用いるものです。
ICU16
静止画 26.5KB
【ヘパリン加生理食塩水(左)・加圧バック・マノメーター】

観血的血圧測定法(動脈ライン)の必要物品セットの一部です。
ICU17
静止画 26.2KB
【スワンガンツ・カテーテル(S-Gカテーテル:balloon-tippad flow directed pulmonary catheter)】

観血的血圧測定法(動脈ライン)の必要物品セットの一部です。
さまざまな原因による循環不全,重症呼吸不全,急性腎不全
あるいは心臓,大血管手術などの患者の血行動態を解析し,
治療の指針と治療効果判定に用いるものです。
ICU18
静止画 13.3KB
【留置針】

観血的血圧測定法(動脈ライン)の必要物品セットの一部です。
血管内に長い時間留置するための針です。
刺入が簡単で保持容易にできます。
内筒の針を抜けば,外筒はシリコンのため,患者様の苦痛も少なくてすみます。
ICU19
静止画 22.2KB
【延長チューブ】

観血的血圧測定法(動脈ライン)の必要物品セットの一部です。
ルートを長くするためのものです。
ICU20
静止画 16.3KB
【ディスポーザブル注射器】

観血的血圧測定法(動脈ライン)の必要物品セットの一部です。
使い捨ての注射器です。
ICU21
静止画 18.3KB
【ドレッシング材(上)とテープ(下)】

観血的血圧測定法(動脈ライン)の必要物品セットの一部です。
挿入部とチューブの固定に使用するもので,低刺激性の素材が用いられます。
ICU22
静止画 31.1KB
【フロートロン】

下肢静脈血栓予防の機械です。
右下肢・左下肢を交互に40oHgの圧で加圧します。
ICU23
静止画 40.2KB
【パネル式点滴スタンド】

ICUでは,一人の患者様にたくさんの点滴が行われます。
そのためルートや,薬液を間違うことがないよう,
見やすくするために,このような点滴スタンドが使われます。
ICU24
静止画 30.8KB
【精密尿量計と蓄尿バック】

循環不全の患者様に対し,時間毎に正確な尿量測定ができるようになっています。
ICU25
静止画 21.5KB
【精密尿量計】
ICU26
静止画 25.8KB
【蓄尿バック(ウロガード)】

持続的導尿により,膀胱内の尿がカテーテルを経て,バックの中に蓄尿されていきます。
ICU27
静止画 31.5KB
【ICUでのベット】

全身麻酔覚醒前の患者様を受け入れる準備ができています。
ICU28
静止画 22.1KB
【安楽枕のいろいろ1】

体位変換時にこれらの枕を用いて体位を安定させます。
ICU29
静止画 15.4KB
【安楽枕のいろいろ2】

三角枕の角度は90°と45°のものと,90°と30°と60°のものがあります。