学習指導案の形式(例)高等学校芸術(美術・工芸)
 

※ 学習指導案作成にあたって

 固定的な書式はなく,指導者が自分の考えや提案を具体的に表現できることが大切である。ただし,少なくとも,次の点は学習指導案から読み取れるようにしたい。
1 指導者が学習内容及び生徒をどう理解して,授業を計画しているか。
2 全体の指導計画の中で本時はどのように位置付けられているか。他の指導項目や教科等との関連は何か。
3 本時,生徒の学習活動はどのように予想され,具体的にどのような手だてがなされているか。
4 授業の中に評価がどのように位置付けられているか。生徒を生かす具体的な手だては何か。
 
指導案科目一覧に戻る

  第 学年 組   芸 術(美術・工芸)科 学 習 指 導 案

      年 月 日( )第 校時   教室  指導者
 

題材

 





目標




 

○                           (関心・意欲・態度)
○                           (芸術的な感受や表現の工夫)
○                           (創造的な表現の技能)
○                           (鑑賞の能力)
◇ 四つの観点を明確な具体目標としてとらえる。
◇ 生徒の発達段階を踏まえ,学習経験とつながりをもたせて書く。
◇ 適切な評価ができるように,精選して簡潔に書く。
 
※ 文末表現の例:〜しようとする。〜を工夫する。〜ができる。
                                         [生徒の立場で書く]



指導
計画






 

第一次                          ………○時間
第二次                          ………○時間
 第1時               
 第2時                         
 第3時                         ………(本時)  
             :
              
 本時が含まれる第二次についてのみ時案を示す。

第三次                          ………○時間
  :


指導
上の
立場













 

○題材観
  取り上げる題材の内容,既習事項との関連,今後の展開,その題材を取り上げる意義,題
 材と生徒との関係など
○生徒観(学級観)
  生徒の興味・関心・意欲,題材に関する知識・技能,既習事項の定着度など,生徒や学級
 の実態
○指導観
  指導・支援の力点, 指導の形態, 仮説, その他の配慮事項など,生徒のよさや可能性を
 生かすような工夫や手だて
(○ 研究主題との関連)
 
◇ 生徒の発達段階,学習経験,関心・意欲等の実態を踏まえ,さらに,進んで生活を工夫し創
 造する能力と実践的な態度を養う指導の系統性を押さえて,具体的に書く。

                                     [指導者の立場で書く]
 


 本時案の例

本  時  案 (第○次の第△時)





学習目標




 

○                    (四つの観点から)
 
◇ 題材(単元)の目標の「関心・意欲・態度」「芸術的な感受や表現の工夫」「創造的
 な表現の技能」「鑑賞の能力」のうち,本時の学 習活動で目標としているものを具
 体的に書く。
◇ 観点の精選化・重点化を図り,一つか二つ程度に絞る。
 
※文末表現の例:〜しようとする。〜を工夫する。〜ができる。
                [生徒の立場で書く]
学習活動・内容 教師の支援 評価の観点・方法




(1)
(2)
 ・
 ・

◇ 導入・展開・終末の学
 習過程に沿って生徒の
 活動を書く。
◇ 一人一人の生徒が何を
 目当てに活動すればよい
 のかをつかめるように具
 体的に書く。

◇ 予想される生徒の反応
 を右の枠と横長に2枠分
 使い,箇条書きにしたり,
 課題を明記してもよい。



 
※文末表現の例:
 〜について考える。
 〜に気付く。
 〜構想を練る。
 〜表現をする。
 〜を味わう。



[生徒の立場で書く]

 



 

 
◇ 学習過程に沿って,支援の意図・重
 点 ,工夫 手だてなどについて留意す
 べきことを具体的に書く。
 ・  生徒一人一人の学習進度に応じた
  手だて
 ・ 生徒が主体的な学習 を進める手だ
  て
 ・ 資料提示の機会や方法
 ・ 効果的な学習方法や学習形態の工
  夫
 ・ 準備物等

◇ 学習活動と教師の支援とのかかわ
 りを対応させて書く。

◇ Cの状況の生徒への手だてを具体
 的に書く。



※文末表現の例:
 〜工夫する。
 〜配慮する。
 〜雰囲気をつくる。
 〜意識を高める。
 〜を評価する。
 〜声掛けを行う。
 〜に気付かせる。
 〜助言する。

[指導者の立場で書く]
 

○                       


 
◇ 本時の目標との整合をと
 る。

◇ 評価規準(何をどのように
 評価するか)を 具体的に書
 く。
 ・Aとするキーワード

◇ 評価の観点を踏まえて書
 く。

◇ 自己評価,相互評価,そ
 の規準にも触れる。

◇ 評価方法も書く。
 ・観察(行動,発言,発表
 等)
 ・机間指導
 ・ワークシート
 ・学習カード
 ・観察記録
 ・実技テスト
 ・自己評価表
 ・相互評価表
 ・レポート
 ・感想文等


 

[指導者の立場で書く]