学習指導案の形式(例)中学校数学
※ 学習指導案作成上の注意
(1)学習指導案には絶対的な形式はなく,指導者が自分の考えや提案を具体的に表現できることが大切である。この書式例は,文部省の中学校数学指導資料「学習指導と評価の改善の工夫」を基に作成した。
(2)ただし,最低,次の点は学習指導案から読みとれるようにしたい。
  @指導者が学習内容及び生徒をどう理解して,授業を計画しているか。
  A単元全体の流れの中で本時はどのように位置づけられているか。他の単元や教科等との関連は何か。
  B本時,生徒の学習活動はどのように予想され,具体的にどのような手だてがなされているか。
  C授業の中に評価がどのように位置づけられ,授業や生徒を生かす具体的な手だては何か。

    第〇学年〇組     数 学 科 学 習 指 導 案
平成〇年〇月〇日(〇) 第〇校時  〇〇教室 指導者 〇 〇 〇 〇   
単 元
(題材)
◇完結性のあるまとまった学習経験を生徒がする単位として,教科書の「章」や「節」を 基準にして書く。
目 標 ○「数学への関心・意欲・態度」に関する目標
○「数学的な考え方」に関する目標
○「数学的な表現・処理」に関する目標
○「数量や図形などについての知識・理解」に関する目標
◇単元全体の指導を通して,生徒に達成させようとしている目標を,できるだけ具体的に書く。
 ・関心・意欲・態度(〜に関心を示す。〜を活用しようとする。)
 ・数学的な考え方(〜に気付く。〜のよさを知る。)
 ・表現・処理(〜を導くことができる。〜ができる。)
 ・知識・理解(〜が分かる。〜を理解する。〜を身に付ける。)

【生徒の立場で書く】
指 導
計 画
第一次 ○ ○ ○ ○……………………………………………………………………………○時間
第二次 ○ ○ ○ ○……………………………………………………………………………○時間
   1 ○ ○ ○ ○……………………………………………………………○時間
   2 ○ ○ ○ ○……………………………………………………………○時間
   3 ○ ○ ○ ○……………………………………………………………○時間(本時は第○時)
   :
第三次 ○ ○ ○ ○……………………………………………………………………………○時間
 :
◇単元を構成する小単位の名称を指導順序に従って書き,配当時間を明示する。
◇本時が含まれる小単位についてのみ細案を示す。
◇具体的な指導構想の表明となるよう,指導内容や指導事項を簡潔に列挙し,本時の位置付けを明確にする。
指導上
の立場
○単元(題材)について
 ・取り上げる教材の内容,既習事項や今後の学習事項との関連,今後の発展等
 ・生徒が単元を学習する意義,日常生活や他教科との関連やそれらへの意義等
○生徒や学級の実態
 ・関連する既習事項の定着度,単元への関心・意欲・態度,単元についての知識・技能
 ・学級の実態やその他の配慮事項
○指導の基本方針や留意事項
 ・指導の力点,指導上の工夫点,具体的な指導の手だて,指導の形態,仮説等
○(研究主題との関連)
 ・研究主題があれば,それに関連したことを書く。
◇生徒の発達,経験,知的興味・関心,意欲等の実態を踏まえ,さらに単元の系統性を押さえて,具体的に書く。

【指導者の立場で書く】


本時案の形式例1
本  時  案 (第二次の第3時)
学 習

目 標



◇単元の目標の「数学への関心・意欲・態度」「数学的な考え方」「数学的な表現・処理」「数量や図形などについての知識・理解」それぞれのうち,本時の学習活動で目標とするものを具体的に書く。ただし,1〜2観点に絞り,単元を通して四つの観点の目標が達成できるようにする。

【生徒の立場で書く】
学習のねらいと発問
学  習  活  動
評価(・)・配慮事項(○)






◇学習のねらいを 学習過程に沿って簡潔に書く。
◇発問を「」で書く。一つの学習のねらいに対して,複数の発問を書く場合もある。
















【生徒の立場で書く】


◇問題や課題は実線で囲んで書く。






◇学習のねらいと発問に対応させて書く。
◇学習のねらいを達成するための具体的な学習活動を書く。
 ・学習の流れ
 ・学習の内容
 ・予想される生徒の反応
 ・学習方法や学習形態の工夫
 ・自己評価,相互評価等,評価と関連すること











【生徒の立場で書く】



関心・意欲・態度



数学的な考え方



数学的な表現・処理



 
知識・理解



◇学習のねらいと発問に対応させ,指導上の支援・配慮事項について具体的に書く。
 ・生徒一人一人の学習への手だて
 ・生徒が主体的な学習を進める手だて
 ・資料提示の工夫
◇ 四つの観点を踏まえた評価の内容と評価の方法を具体的に書く。

【指導者の立場で書く】


本時案の形式例2
本  時  案 (第二次の第3時)
学 習

目 標


◇単元の目標の「数学への関心・意欲・態度」「数学的な考え方」「数学的な表現・処理」「数量や図形などについての知識・理解」それぞれのうち,本時の学習活動で目標とするものを具体的に書く。ただし,1〜2観点に絞り,単元を通して四つの観点の目標が達成できるようにする

【生徒の立場で書く】
学 習 活 動
教師の主な発問と予想される生徒の反応
支援(○)と評価(・)






◇学習活動を学習過程に沿って簡潔に書く。




















【生徒の立場で書く】


◇問題や課題は実線で囲んで書く。






◇学習活動に対応させて書く。
◇教師の発問とそれに対する生徒の反応を予想して書く。
 ・T1とC1,C2 … ,○と・,・ … 等,工夫して書く。
◇学習方法や学習形態の工夫,自己評価・相互評価など評価と関連することを書いてもよい。













【生徒の立場で書く】



関心・意欲・態度



数学的な考え方



数学的な表現・処理



知識・理解



◇学習活動に対応させて,支援の意図・重点,工夫,手だてなどを具体的に書く。
 ・生徒一人一人の学習への手だて(考え方,進度,興味)
 ・生徒が主体的な学習を進める手だて
 ・資料提示の工夫
◇四つの観点を踏まえた評価内容と評価の方法を具体的に書く。

【指導者の立場で書く】