学習指導案の形式(例)中学校道徳
 
※ 学習指導案には,定まった形式や基準はない。各教科,特別活動及び総合的な学習の時間などとの関連,生徒の実態や指導内容,さらに指導する教師の構想や意図により,様々に創意工夫していくことが求められている。
 「中学校学習指導要領解説−道徳編−」及び「中学校 心に響き,共に未来を拓く道徳教育の展開」(文部科学省)等を参考にする。

第  学年  組                 道  徳  学  習  指  導  案

平成  年  月  日( ) 第 校時        教室                 指導者

主 題               項目 −( )
※原則として年間指導計画における主題名を記述する。
 (一般的には,学習指導要領に示された内容項目を端的に表現したものが多い)

資 料               (出典)
※補助資料や予備資料があれば付記する。

ねらい ※原則として年間指導計画におけるねらいを記述する。
 (資料の特質を生かし,道徳的心情,判断力,意欲や態度を育成する視点や主題を生徒に結びつけて考え,具体的に明記する)

主題設定の理由 ○主題について
 ・年間指導計画における主題構成の背景
 ・ねらいとする内容項目の意義
 ・社会から要請されている今日的課題


○生徒の実態について
 ・ねらいとする内容項目の視点から把握した生徒の道徳性の傾向
 ・指導課題とその背景
 ・配慮すべき生徒


○資料について
 ・使用する資料の概要や取り上げた意図
 ・その時間での活用のポイント
 
計 画  ○事前指導と事後指導

※1主題に対して2単位時間以上をあてて指導しようとする場合,それぞれの単位時間の指導が,全体としての主題の指導においてどのような位置にあるのかを明らかにする。
 
他領域との関連等  ○道徳の時間の指導の効果を高めるために,下記などについて示すことも大切である。
 ・各教科等における道徳教育との関連
 ・道徳的体験活動や日常の個別指導との関連
 ・他の教師との協力的な指導
 ・家庭や地域との連携
※重点的に取り上げる内容や複数時間関連を持たせて指導する場合は,全体的な指導の構成と本時の位置付けについて述べることが望ましい。
 
 







展開の大要
  学 習 活 動    主な発問と予想される反応   指導・援助の留意点
1 <導入>
 [生徒の立場で書く]






2 <展開>
 資料を・・・。

(1)

(2)

 展開の流れは一定ではない。主題のねらいや資料の特質や生徒の実態に応じて,指導者が工夫していくものである。



(3)











4 <終末>



 

 ・
導入の工夫例
 ・生徒作文から類似の体験を想起させる。
 ・資料に関する写真・VTR・CD・新聞記事・実験観察 など







発問の工夫
 ・登場人物の気持ちに入り込む発問
 ・登場人物の弱さやつらさに共感させる発問
 ・自分の問題として受け止め,考えさせる発問
 ・自分なりのものの見方・考え方をもたせる発問 など


○なぜAさんは,そうしたのだろう。
 ・
 ・

 ※中心的な発問には,◎印などを使って際立たせることがある。





終末の工夫例
・教師の説話・音楽・黙考・ことわざ・生徒作文・補助資料 など
 


導入のねらい
 ・主題に対する生徒の興味や関心を高める。
 ・道徳的価値の自覚に向けての動機付け。



資料提示の工夫例

 ・教師の読み聞かせの際にBGMを流す。
 ・絵画,スライド,VTR,CDなどの利用。


留意すべき点
 ・補助発問の用意。
 ・学習方法や形態について。
 例 役割演技
   グループ討論
   書き込む活動
 ・板書の工夫。
 ・机間指導の工夫等。







評価の観点
 道徳の時間の評価は,その指導によって生徒の道徳性がどのように成長したかを理解することによって,指導過程や方法を改善するために行うものである。
[具体例]
 ○生徒が自分の生き方の問題として認識し,意欲を持って学習に参加していたか。
 ○資料の内容は,生徒の実態や主題のねらいに応じた適切なものであったか。